格安航空券の基本情報について

夕暮れの空港

格安航空券の基本情報について

格安航空券をこれから取ろうと思っている人は基本を知った上で取ることが大事でしょう。基本を知らなければ活用するといっても上手に活用することができません。せっかくですので、基本情報は頭に入れておくと良いでしょう。

片道より往復の方がお得

これは飛行機なら当然のことなのですが、片道の格安チケットはありません。
片道より往復で予約を入れたほうがいいでしょう。行き先が一緒で似ている場所を周遊する場合でも、往復航空券を予約したほうがいいでしょう。
これは鉄道等でも同じことが言えるのですが、やはり片道より往復での予約の方が断然安くチケットを取ることができますので覚えておきましょう。

繁忙期やシーズンを理解する

飛行機の予約を入れるときに考えることはシーズン、季節です。
やはり繁忙期というのは存在していますので、繁忙期を避ければ安いと言えるでしょう。
夏休み、長期のGWなどの休みは、否応無しに値段が上がりますので、その時期を避ければかなり安くなることは間違いありません。
2月や6月はどちらかといえば閑散期と言われていますが、この時期はさらに通常よりも安いチケットで手に入れることができるでしょう。
常に一定の価格ではない、とあらかじめ理解しておくのが安いチケットを賢く選ぶコツと言えます。

購入するタイミングを考える

チケットを逃がした人
飛行機のチケットというのは、購入するタイミングを考えるのが意外と難しいと言われています。
ネットで検索をしていて昨日迷っていたチケットがあって、決めて今日見てみたらもうそのチケットがなかったということもよくあります。
それなら昨日予約を入れておけば良かったということはよくあるのです。
格安航空券は航空会社によっても違いますし、時間帯によっても予約できる時期というのが違っています。
実際購入するタイミングというのはいつが良いのかそれを明確には言えません。しかしだいたい一般的に考えると、飛行機に搭乗する半年以上前から、または2ヶ月前くらいが一番安い値段になると言われています。
直前の方が値段が安くなると思っている人もいるのですが、実際は直前になればなるほど値段は高くなりますので注意が必要です。
直前に値下がりするのではないかという期待はしない方がいいでしょう。

日にちを決めずに予約する

どちらかといえば安い値段でチケットを取りたいと思っているのなら、日にちは自分で決めるのではなくて、航空券のカレンダーを見て最安値の時期を見てそれに合わせて予定を決めると良いでしょう。
そうすると安いチケットをより取りやすくなります。

≪ 前の記事: を読む
ページ上に戻る

Copyright © 2017 飛行機は今や本当に手軽な価格に、人気の格安航空券とは? All Rights Reserved.